タグ:子宮ガン ( 6 ) タグの人気記事

子宮ガン告知から2年

ちょっと間が空いてしまいました。
基本的に元気な時はmixiで日記を書いているので、こっちが更新されない時は元気でやってます。
どうも入院中にブログを更新する癖がついちゃったのでね。年明けはまた手術があるので更新されるでしょう。


さて、早いもので告知から2年が経ちました。
今の私が考えていることは『楽しい日々を過ごす』ということです。
最近はあまり生きることには固執していません。人間いつかは死ぬもんだし。
生きるか死ぬか…私の考え方は2008年3月13日の記事がわかりやすいかな。
以下抜粋。

今、私が死にたい!
こう思うのは今が幸せすぎるからです。
今死んだらハッピーエンドなんじゃないかな…って思えて仕方ない。
足を切断したり、胃より下の臓器を全部摘出して人工の物をくっつけて…
今はそこまでしてまで、生きるということに執着していません。
どうせならきれいな身体のままでいたいですからね。

今、私が生きたい!
こう思うのは、私の愛するみんなの存在があるからです。
私の思い描いたハッピーエンドへの道を、私の愛するみんなが阻むんだ。
でも、悪い気はしません。どっちかというと心地いい。
やはり、みんなのことを愛しているからね。
愛する人との別れというものは、どんな状況でも辛いものです。


ここだけ持ってきても伝わらない気がするので、↑の記事読んでいただけるとうれしいなー

今は毎日が楽しくて、幸せを感じすぎて死ぬ気がしません!
幸せの絶頂で死にたい!こう考える私は、むしろ、今死にたいなーって思ってるんですけどねw
死にたいけど、死ぬ気がしないから生きてりゃいいじゃん!今はそんな都合のいい考え方をしてますw

そんな中で夏に下した決断がありました。
前回の記事
担当医師から手術の打診をされました。結構大きい手術になるかもしれないらしいです。
今手術をすると、予定しているUSJや舞台やライブをキャンセルすることになってしまう…
お声をかけていただいた劇団の方には、手術で舞台に出れなくなるかも…との旨を伝えたのですが
「今は病気を治すことに専念してください。舞台なんて元気になればいつでも立てますよ」
こう言われて、かなり悩みました。
でも、やはり私にとって舞台は一期一会なんですよね。
舞台と手術を天秤にかけたときに、どうしても手術を選ぶことができませんでした。
命を削る選択になるかもしれません。
でも、誰に何と言われようと、私は強い意志を持って舞台に立とう!
こっそりですが、そう決意しました。

USJのパレードや劇団Nの公演など、大きな舞台を終えて、いつも思うことは
「もういつ死んでもいいや!」
ということですね。もうなんだか、ものすごい達成感なんですよ。
まあ、まだ舞台2つとカウントダウンライブが残ってるので死ねませんけどねw
今は残りの舞台とライブに全力を注いで、後は治療に専念しますよ!


子どもについて。
私は高校在学中に妊娠して、卒業後すぐに結婚→出産しました。
18歳で結婚して19歳で子どもを産んだわけです。
もう一人、次女もいましたが、2歳の時にインフルエンザで亡くしました。
娘はいろいろな事情があって、離婚した旦那の所に置いてきました。
なので今は手元に子どもがいません。
その娘は11歳なので、すっかりお姉さんに。
離婚後も毎年、娘の誕生日にはプレゼントを贈ったりと、全然子離れできないのですが…
今になって、娘を私が引き取る話が出てきました。

私は子宮ガンにより子宮と卵巣を摘出しました。もう子どもは産めません。
子どもが欲しかった私は、子宮を摘出するかどうか悩みました。
悩んだ結果、子宮を摘出して生きる選択をしました。
ですが、今は生きるという方向に気持ちが向いてなかったり、子どもへの未練が捨てきれなかったりで、なんだかチグハグ…
生か死かはともかく、子どもへの未練は…あります。
ちゅうか、子どもへの未練を捨てろっていっても無理な話。こうなることはわかっていたはず。
子ども大好きなんだもん。欲しくて欲しくてたまんない。でも今さらどうしようもない。
人の子どもでも可愛くて見てるだけで幸せな気分になれるのに、自分の子どもが側にいたら…とか思うともうね。
だけど、子宮を摘出しなかったらどうなっていたか?
子どもができる保証もなく、自分の命も今あるだろうか…私の選択は間違っていないと思う。

そんな私に娘を引き取るという、願ってもない話が飛び込んできました。
私はこの話に飛びついていいのでしょうか?
私が心配しているのは

・娘のなじんでいる、今の環境を奪っていいのか。
・一度は捨てた私を娘が受け入れてくれるかどうか。
・今の生活だと忙しすぎて、とても面倒を見れる気がしない。
・もし私が早く死んでしまったらこの子はどうなる?
・安定した収入がないけど大丈夫?

など…。
いつもの私だと「なるようになる」とか言って引き取っちゃうと思うんだけど、子どものこととなると取り分けナーバスになっちゃう。
自分の努力でなんとかなるならなんとかします。収入とかね。
でもそれによって娘と接する時間が減っちゃうんじゃないかとか考えちゃう。
男を捕まえるのが手っ取り早いかなーとは思うけど…う~ん。
もしよろしければ、非公開でいいのでコメントください。客観的な意見を…。
一人で抱え込んじゃダメだ…。


さて、そろそろまとめに…
2年も経つとさすがに自分の考えも固まってきますね。
告知された当初は本当に不安で不安で、一日先も見えないような生活でしたが。
私がいつも思うことは…何度も言っちゃうけど「病気をしても失うことばかりではない」ということです。
たとえ自分に不利益な状況に陥っても、そこからいかに自分にプラスになることを見出せるか…これが大切なことだと思います。
今年は声が出なくなったり、車椅子生活になったりしましたが、やはり得るものは大きかったです。
手話という新しいコミュニケーション手段を身につけたこと。
車椅子生活の大変さを知ったこと。
私の想像以上に、車椅子で生活する者にとって、助けになる設備などが整っていたこと。
ハンデを背負った時にいつも感じることは、私を支えてくれるみなさんの存在です。
身体が動かなくなった時は普段は何気なくする動作もできなくて、非常にもどかしい思いをしたものです。
そんな時に私の手となり足となってくれた看護師さんや、私が不安なときに話を聞いてくれて、やすらぎを与えてくれた友人のみなさん。
今年は声が出なくなったこともあり、ROのチャットやエモに助けられたなーと思いました。
筆談だと紙とペンを用意するのに時間がかかるし、表情までは伝わらないからね。
ROはエモが神だと思った!チャットしながら自分の感情まで伝えられるんだもんなー。

最後に…この一年間を振り返ってみて、本当にたくさんの人に支えられてるなーと感じました。
その感謝の気持ちを込めて…みんな!本当にこの一年間、私を支えてくれてありがとね!!!
私はこのまま身体の動く限り突っ走ります!そして動かなくなったらそのとき考えようかな…とw
そんな行き当たりバッタリな人生が、私らしくていいじゃないw
[PR]

by aka-ring | 2008-11-27 20:23 | 闘病生活

放蕩娘、あかり

コッソリ追記…
子宮がんの告知を受けて1年半が経ちました…と、この話は置いといて、まずはROの近況を。
最近は廃プリの「サナプリンセス」、パラの「ゆっき~」あたりをメインで動かしてます。
冠の「La Lune」はLv90になったので、しばらく放置かな。教授とかもっと放置ですがw
EEを脱退して放浪の旅に出ようと、しばらくG募集をしていました。
現在は Dragon's Tale さんにお邪魔しています。
たくさんお声をかけていただいたので、基本一週間ずつ体験してまわるつもりです。

最近の狩りは臨時メインです。ほとんど落ちチャット!あまり募集はしません。
というのも臨時に落としつつ、裏で作曲をしてたり、ミシンを踏んでたりしてるからです。
作曲してる時は、wis音とかチャットの入室音とか聞き逃すこともあるけど…。
やりたいことはいっぱいあるけど、時間が足りない感じ。ROもそのひとつですがw
DTさんは狩りが多めなので、一緒に連れていってもらってます。
ROの近況はこんな感じかなー?


リアル近況を。
肩書きは変わってないかな?フリーで舞台メインの女優活動をしています。
いろいろなジャンルで活動したい!これを頭に置いてねw
今後はUSJのショーや舞台、ダンスイベントにライブ活動と、女優の枠を超えて…ごった煮な感じですw

前回の記事で書いた東京での舞台は、大阪に帰った時に左手の薬指を骨折して参加できませんでした。
悔しいやら申し訳ないやらで、出るはずだった舞台を見に行ったら涙が止まらなかった…('-';)
稽古は楽しかったし、KIAI入れてただけに残念でなりません。
でも、バレエというジャンルは初挑戦だったので、得るものはあった…はず!
後ろを向いてる暇もないので、気持ちを切り替えて次ですね、ハイ。

USJのオーディションは受かったので、8月から忙しくなりそうです!
歌って、踊って、子供たちと戯れて…ムフフw
毎年ハロウィンは行ってるけど、見てて「あの中に混ざりてぇ!」って思ってたので、
子供たちに夢を与える仕事であり、私にとっても夢がかなった感じです!
私はすでに幸せなので、子供たちも幸せな気分にできたらいいなぁ…とかねw
みんな幸せになれば、こんな素敵なことはないしねw
問題は体力面かなぅ…まぁ、夢を原動力に頑張りますけど!

劇団Nの冬の舞台は「ロミオとジュリエット」に決定!
悲劇→喜劇→悲劇ときたので喜劇だと思ってた!ちょっと肩透かしを食らった感じ。
どっちかというと喜劇が好きだけど、ジュリエット役なのでテンションは上がってますw
今からダンスの曲を作ったり、衣装を作ったりw
劇団Nの舞台は2回飛ばしちゃったので、冬の舞台は頑張りたいですね。

年末は某カウントダウンライブに参加します!
歌だけの活動は初めてかな?
遊園地で歌のお姉さんみたいなのは、やったことあるけど…!

そんなこんなで、年内は仕事ギッシリな感じです!w



病気の話を。

「体はよくなった?」
「病気は治った?」

こう聞かれるのが結構辛かったり。
はっきり病名を伝えてない人もいるので、仕方ないのだけど…
私の口からは言い出せなくてモヤモヤ…
ココ見て知ってくれると不可抗力でいいと思ってたりねw

ぶっちゃけた話、ガンが治ったかどうかは5年経たないとわからない。
まだ2年しか経ってないから、現時点ではなんとも言えない。
現在進行形で放射線治療をしている現状。
むしろ転移したくらいだから悪くなっているし、5年生存率は15%くらいだと告げられてる。
いつ体が動かなくなるかわからないから、やりたいことをやってる感じかな。

ダラダラ生きるのは嫌なので…
延命するだけの治療ならしない方向で。
治る可能性がある治療なら全力で!
もし死が避けられないのならば、死に様を探したいしね。
人間いつかは死ぬもんだ。

楽しいことが、幸せを感じることが多すぎて、死ぬ気は全くしないけどねw
今は突っ走りたいです。体が動く限り…



なぜ私が舞台女優をしてるかなんて、考えたことがなかったけど

「人に感動を与えたい」

この気持ちが大きい気がする。
今まではただ、舞台が楽しいからだったけど
私は感動する度に

「あの中に混ざりたい!」

と、強く思うようになった。
見てるだけじゃ嫌なんだよね。
感動すると、あっち側に行きたいと思ってしまう。


私の歩んだ人生を知って
誰かが感動するなら
私は死んでも満足するだろう
だけど一つでも多く感動を残したいから
もっともっと、もっと生きる!


昨日の夜から高熱が出て入院しています…('-';)
病院からだと、こういう記事になるのはいつものことなので勘弁してくださいw

More
[PR]

by aka-ring | 2008-07-28 10:28 | RO

心の整理がつきました

またまた入院しています。

劇団Dの斡旋で、土日に某遊園地でヒーローショーの仕事なんてやってます。
その仕事が外せないので、土日だけ外出許可をもらっています。
子供たちが私を待ってるもんね!

そして今日、意気込んで仕事に行ったものの、熱はあるし、咳はひどい状態。
ヒーローショー自体はよかったけど、ショーが終わった後の子供向けのイベントで
歌のお姉さんみたいな感じのをやるんだけど、声が出なくてしんどかったわー('-';)
明日も頑張ろう!


さてさて、本題に。
なかなか心の整理がつかなくて、報告できなかったですが…
ようやく、ある程度の心の整理がつきました。
完全に…とはいかないですけどね('-';)
自分では強く振る舞おうと思っても、なかなかそう行かないものです。


先日の検診で、肺に転移している可能性が高い、との結果を受けました。
精密検査の結果、転移が確認できました。
多くはない複数の部位に転移しています。
私は今年に入って2回手術をしており、体力的に厳しいので手術はしない方向です。
主に、放射線による治療になりそうです。
治療法については、担当医師と相当の時間をかけて話し合ってます。
もう、こうも分かり合えないか…ってくらい平行線なんですよね!www
この担当医師とは古くからの友人なので、余計にエキサイトしちゃってる感じです。
具体的には、「抗がん剤を使うか使わないか」
これでエキサイトしちゃってます。
このことはまた後で書きます。

担当医師からは

「転移が見つかったら助からない」

こう告げられていました。
何か悪いところがあったら、包み隠さず、遠慮なく言ってくれ!そう伝えてましたからね。
転移が見つかったということは実質、死の宣告だと受け止めています。
前の記事に出てくる「彼女」というのは、この担当医師です。
普段は冷静な彼女が取り乱してしまうくらい悪いのかと…そう思ってしまいました。
立場上、彼女にはもう少し強くあって欲しいですね。
やはり、患者を不安にしてはいけません。
まぁ、私も人のことは言えませんが…('-';)
今はいつもの彼女に戻ってます。
それにしても…愛子先生はなんでもお見通しですねw

病状についてですが…
治らないのか?と言われたら、今の状態ではそうでもないみたいです。
やはり怖いのは再発だとか転移でして…
発見が送れると、あっという間に手遅れ状態になりかねないのです。
若いと進行も速くて、なおさらですね。
一応、病気の元の子宮の方は(子宮のあった場所は)、大丈夫みたいなので
肺の方が治れば、完治するのかも…と思う反面、
まだ私の体のどこかに、奴が潜んでいるのではないか…という不安に駆られたりもします。
精神的にもちょっと安定しません。
リア王の公演に出演できるかどうか…微妙になってきました。
このことが与える精神的なダメージがかなり大きかったりします。
私は演劇さえできれば元気なのですけどね('-';)
今は、十二夜の公演を成功させるように頑張ります!


今後について。
ROについては、年明けにも引退を視野に入れた休止に入る予定です。
…が、明日から病室にPCを持ち込むので、なんとも言えません!
とはいえ、やりたいことがいっぱいあるので、ROの優先順位は下がるでしょうね。
めちゃめちゃモチベが上がったら分かりませんが…あるとは思えないw
ちなみに、明日のGvは病室から出ますよ!w



告知を受けた次の日に、お母さんから電話がありました。
まるで私の身の危険を察知したのではないか…というタイミングでした。
以下、電話での会話を覚えてる限りで…

母 「もしもし、元気してる?」
私 「うん、まずまずかな…」
母 「正月帰ってくるって言ってたけど、何日に帰ってくるの?」
私 「あー、ちょっと帰れなくなったかも…」
母 「そう、残念。たまには連絡ちょうだいよ」
私 「うん」
母 「あかりの場合は連絡がないことが、いい知らせだと思ってるけどね」
私 「……」
母 「身体は大丈夫?」
私 「……」
母 「何かあったの?」
私 「あ、ううん…なんでもない」
母 「そう、身体には気をつけてね」
私 「……」
母 「じゃあ、またね」
私 「あ…」
母 「ん?」
私 「えーと…正月帰れなかったら、誕生日プレゼント送るね!」(お母さんの誕生日は1月1日

母 「ありがとう。お母さんが欲しいのは、元気なあかりの姿だから、落ち着いたら帰ってきてね」
私 「うん、わかった!じゃあね!」
母 「またね」

言えなかった…
途中から涙をこらえることができなくて、泣いてるのを気づかれないようにするのに必死だった('-';)

そして昨日、いとこが実家から送ってきた、みかんを病室に持ってきてくれました。
その中にお母さんからの手紙があり、ただ一言…

「精一杯生きること。病気に負けるな!」

とだけ書いてありました。
やっぱ、気づかれたのかなぁ…
ともかく、子宮がんを克服したお母さんの言葉は励みになる!
お母さん…ありがとう!私は負けない!

あああ!!
もう、絶対死ねないやん!!
あきらめない!!あきらめない!!
最後まで希望を捨てない!!
もっともっと、もっと生きる!!
負けない!!!
がんには負けない!!!

がんと闘い抜くことを、あらためて、ここに決意いたします。

あの日…
入院初期に、病室から見た星空でみつけた流れ星。
私があの日に送ったSOSは、あの流れ星にきっと届く日が来る…
たまに、そんなことを考えたりしています。
[PR]

by aka-ring | 2007-12-15 23:35 | 闘病生活

死に直面する

私の5年生存率は15%くらいだそうです。
病理的には子宮頚部がんのステージⅢの後期 + もうちょっと厄介なとこらしいです。
もう子宮も卵巣も摘出したので残っていませんが。
私の病気の進行具合では、85%の確率で5年以内に命を落とすだろう…と。
次に転移が見つかったら助からないだろうということと、突然死んだりもありうる話だ…と。
そんな感じのことを聞きました。

これは死の宣告だと思いますか?
私は思いません。
まだ転移とか見つかってないからね。
見つかったら、その時は覚悟を決めて考えようかな…ってのが
楽観的な私の考え方ですが('-';)
今は本当に楽しい毎日を送っているので、死ぬ気は全然しませんよ!



さて、ここからが本題。
私が死に直面した時の精神状態などを。
最近書いた記事とかぶるけど、子宮がんの告知を受けたときは本当に目の前が真っ暗になりました。
「なんで私が…」とか思って、周りの生のある存在すべてが妬ましくて憎くなったり…
今思うと、本当に危険な感情。
後で気づいたことは

負の感情からは負の感情しか生まない

ということです。
どんどん悪いことを考えちゃって迷路から抜け出せなくなりました。
まさに負のスパイラル…という感じです。
でもこれは、本当に死に直面した人じゃないとわからないと思うんですよ。
私もそう思ってました。誰も理解できるはずがない!ってね。
実際、その通りだと思います。
私のことを完全に理解できる人なんて、私しかいないんです。
少しでも弱さを見せると、すぐに恐怖に飲み込まれてしまうんですよ。
頑張って生きる!そう言っていた一時間後には死ぬ死ぬ言ってたりしてましたね。
精神的にも落ち着かなかったです。
どうしても自分が保てなくて、周りに迷惑をかけたこともよくありました。
本当にこの恐怖というのは、経験しないとわからないと思います。

私がこの精神状態からどうやって抜け出したか…
明日にでも書きます。



もし、あなたの周りに死の恐怖に直面して苦しんでいる人がいたら
どうか、支えになってあげてください。
話を聞いてもらえるだけでも、すごく救われます。
ただし、ちゃんと相手の立場に立って、理解しようとしてあげてください。
死に直面した人の心なんて本人しかわからないし、
完全に理解することは不可能だと思います。
でも、理解しようとすることで、歩み寄ることはできます。
一歩近づいて、手を差しのべてあげてください。

これは、この記事を読んだすべての方へ送る、私からのメッセージです。
[PR]

by aka-ring | 2007-12-08 20:06 | 闘病生活

告知から一年

ちょうど一年前の今日、私は子宮がんの宣告を受けました。
生まれて初めて、本当に自分の死を意識した瞬間でした。
告知された時は本当に目の前が真っ暗になり、3日後に迫ったパチンコ屋の支配人の仕事、
また、今後の生活など…本当に先が見えなくなって不安になりました。
当時は誰にも言えなくて一人で抱え込んでしまい、一日一日が非常に重かったです。
死に直面した恐怖で潰されそうになる毎日でした。


私は子宮がんによって、子宮全摘出することを選びました。
その結果、子宮と卵巣を失いました。
でも、失ったもの以上に得たものが多かった。そう思っています。
私が得たものとは…うーん、なんて言うんだろう…
言葉で言うのは難しい…
うまく言えないけど…
私のことを想ってくれる人が、私のことを考えてくれる人が、私と一緒に笑ってくれる人が、私と一緒に泣いてくれる人が、私と一緒に病気と闘ってくれる人が、こんなにもいるんだなぁ…って、そう思いました。
もうね…人間って、こんなにも温かいものなんだなぁ…って、そう感じました。

治療法は荒いけど、私の身体のことを一番考えてくれる、担当医師。
本当に親身になって、いつも私を支えてくれる、看護師さん。
精神的に落ち着かない時、不安な時にやすらぎを与えてくれる、カウンセラーさん。
泣きたい時は一緒に泣いてくれる、また病室に楽しい風を運んでくれる、友人たち。
コワモテだけど歌を愛し、よく屋上で一緒に歌を歌って、私に元気をくれた、変なおっちゃん。
孫の顔よりも、あなたの顔がずっと見ていたい…そう言ってくれた、お母さん。
私がヘコんでる時は、どこで知ったのか、いつも駆けつけてくれた彼。
ROにインした時に、いつもノスタルジックな気分にさせてくれる、H★Bのみなさん。
長期入院します…そうブログで書いたとき励ましのコメントをくれた、EEのみなさん。
私のことを誰よりも心配してくれている、そんな気にさせる、なっちゃん。
何かと気にかけていただいて、いつも熱いメッセージをくれる、双麻さん。
出会って間もないけど、いつも元気を、愛をくれる、蘭。


告知から一年が経ちました。
当時は、一年後…まさに今のビジョンが全く見えなくて、不安で不安で仕方がなかった。
本当にたくさんの方に支えていただいて、私は元気でやっています。
私を支えてくれたすべての人に、感謝の気持ちを込めて…ありがとう!

人間ってこんなにも温かい!

私はそんな人間を…やめるつもりはありません。
病理的には私の5年生存率は15%くらいらしいですが、今は死ぬ気がしません!w
毎日が楽しくてしょーがない!
傷だらけでも愛しい私の人生。
これからも前を向いて、ハッピーエンドへと歩いていきます!


私が子宮と卵巣の代わりに得たもの。それは…

いつも私を支えてくれる「かけがえのない存在」なのかもしれません。



本当はずっと前から、たくさんの人に支えてもらっていたのかもしれない。
だけど、日常すぎて気にも留めなかった。
病気になって、入院して、その存在に気づいた。
私は感謝の気持ちを忘れない。
私は一人では生きていけない、そう感じたから。
みんな!今日も生きていてくれてありがとう!!!
私も生きてるよ!!!
[PR]

by aka-ring | 2007-11-28 18:33 | 闘病生活

検査

今日は朝から検査…な流れ。
結果は「異常無し」

昨日の検査では異常がある、と言われた。
今日の検査では異常無し、と言われた。
どっちやねん。

本当に異常がないのか、異常があるのに見つけられないのかは、わからない。
だから余計に怖い。次は死が待ってると思うから。

明日から、改めて検査入院に。

入院したくねーな。

やり残したことがいっぱいあるのに、入院なんてしてる暇はない。
その気持ちが3割

ぶっちゃけ怖い
こっちが7割…

もう賽は投げられた?


ああ!ダメだダメだ!!!
医者の言うことをきくんだ!
もっと自分の力を信じるんだ!
もっと素直になるんだ!
もっと楽しいことを考えるんだ!
もっと前向きに考えるんだ!
もっと落ち着くんだ!
前だけ見て歩くんだ!
しっかりしろ…あかり!!!
[PR]

by aka-ring | 2007-11-14 11:58 | 闘病生活