タグ:転移性肺がん ( 6 ) タグの人気記事

子宮ガン告知から2年

ちょっと間が空いてしまいました。
基本的に元気な時はmixiで日記を書いているので、こっちが更新されない時は元気でやってます。
どうも入院中にブログを更新する癖がついちゃったのでね。年明けはまた手術があるので更新されるでしょう。


さて、早いもので告知から2年が経ちました。
今の私が考えていることは『楽しい日々を過ごす』ということです。
最近はあまり生きることには固執していません。人間いつかは死ぬもんだし。
生きるか死ぬか…私の考え方は2008年3月13日の記事がわかりやすいかな。
以下抜粋。

今、私が死にたい!
こう思うのは今が幸せすぎるからです。
今死んだらハッピーエンドなんじゃないかな…って思えて仕方ない。
足を切断したり、胃より下の臓器を全部摘出して人工の物をくっつけて…
今はそこまでしてまで、生きるということに執着していません。
どうせならきれいな身体のままでいたいですからね。

今、私が生きたい!
こう思うのは、私の愛するみんなの存在があるからです。
私の思い描いたハッピーエンドへの道を、私の愛するみんなが阻むんだ。
でも、悪い気はしません。どっちかというと心地いい。
やはり、みんなのことを愛しているからね。
愛する人との別れというものは、どんな状況でも辛いものです。


ここだけ持ってきても伝わらない気がするので、↑の記事読んでいただけるとうれしいなー

今は毎日が楽しくて、幸せを感じすぎて死ぬ気がしません!
幸せの絶頂で死にたい!こう考える私は、むしろ、今死にたいなーって思ってるんですけどねw
死にたいけど、死ぬ気がしないから生きてりゃいいじゃん!今はそんな都合のいい考え方をしてますw

そんな中で夏に下した決断がありました。
前回の記事
担当医師から手術の打診をされました。結構大きい手術になるかもしれないらしいです。
今手術をすると、予定しているUSJや舞台やライブをキャンセルすることになってしまう…
お声をかけていただいた劇団の方には、手術で舞台に出れなくなるかも…との旨を伝えたのですが
「今は病気を治すことに専念してください。舞台なんて元気になればいつでも立てますよ」
こう言われて、かなり悩みました。
でも、やはり私にとって舞台は一期一会なんですよね。
舞台と手術を天秤にかけたときに、どうしても手術を選ぶことができませんでした。
命を削る選択になるかもしれません。
でも、誰に何と言われようと、私は強い意志を持って舞台に立とう!
こっそりですが、そう決意しました。

USJのパレードや劇団Nの公演など、大きな舞台を終えて、いつも思うことは
「もういつ死んでもいいや!」
ということですね。もうなんだか、ものすごい達成感なんですよ。
まあ、まだ舞台2つとカウントダウンライブが残ってるので死ねませんけどねw
今は残りの舞台とライブに全力を注いで、後は治療に専念しますよ!


子どもについて。
私は高校在学中に妊娠して、卒業後すぐに結婚→出産しました。
18歳で結婚して19歳で子どもを産んだわけです。
もう一人、次女もいましたが、2歳の時にインフルエンザで亡くしました。
娘はいろいろな事情があって、離婚した旦那の所に置いてきました。
なので今は手元に子どもがいません。
その娘は11歳なので、すっかりお姉さんに。
離婚後も毎年、娘の誕生日にはプレゼントを贈ったりと、全然子離れできないのですが…
今になって、娘を私が引き取る話が出てきました。

私は子宮ガンにより子宮と卵巣を摘出しました。もう子どもは産めません。
子どもが欲しかった私は、子宮を摘出するかどうか悩みました。
悩んだ結果、子宮を摘出して生きる選択をしました。
ですが、今は生きるという方向に気持ちが向いてなかったり、子どもへの未練が捨てきれなかったりで、なんだかチグハグ…
生か死かはともかく、子どもへの未練は…あります。
ちゅうか、子どもへの未練を捨てろっていっても無理な話。こうなることはわかっていたはず。
子ども大好きなんだもん。欲しくて欲しくてたまんない。でも今さらどうしようもない。
人の子どもでも可愛くて見てるだけで幸せな気分になれるのに、自分の子どもが側にいたら…とか思うともうね。
だけど、子宮を摘出しなかったらどうなっていたか?
子どもができる保証もなく、自分の命も今あるだろうか…私の選択は間違っていないと思う。

そんな私に娘を引き取るという、願ってもない話が飛び込んできました。
私はこの話に飛びついていいのでしょうか?
私が心配しているのは

・娘のなじんでいる、今の環境を奪っていいのか。
・一度は捨てた私を娘が受け入れてくれるかどうか。
・今の生活だと忙しすぎて、とても面倒を見れる気がしない。
・もし私が早く死んでしまったらこの子はどうなる?
・安定した収入がないけど大丈夫?

など…。
いつもの私だと「なるようになる」とか言って引き取っちゃうと思うんだけど、子どものこととなると取り分けナーバスになっちゃう。
自分の努力でなんとかなるならなんとかします。収入とかね。
でもそれによって娘と接する時間が減っちゃうんじゃないかとか考えちゃう。
男を捕まえるのが手っ取り早いかなーとは思うけど…う~ん。
もしよろしければ、非公開でいいのでコメントください。客観的な意見を…。
一人で抱え込んじゃダメだ…。


さて、そろそろまとめに…
2年も経つとさすがに自分の考えも固まってきますね。
告知された当初は本当に不安で不安で、一日先も見えないような生活でしたが。
私がいつも思うことは…何度も言っちゃうけど「病気をしても失うことばかりではない」ということです。
たとえ自分に不利益な状況に陥っても、そこからいかに自分にプラスになることを見出せるか…これが大切なことだと思います。
今年は声が出なくなったり、車椅子生活になったりしましたが、やはり得るものは大きかったです。
手話という新しいコミュニケーション手段を身につけたこと。
車椅子生活の大変さを知ったこと。
私の想像以上に、車椅子で生活する者にとって、助けになる設備などが整っていたこと。
ハンデを背負った時にいつも感じることは、私を支えてくれるみなさんの存在です。
身体が動かなくなった時は普段は何気なくする動作もできなくて、非常にもどかしい思いをしたものです。
そんな時に私の手となり足となってくれた看護師さんや、私が不安なときに話を聞いてくれて、やすらぎを与えてくれた友人のみなさん。
今年は声が出なくなったこともあり、ROのチャットやエモに助けられたなーと思いました。
筆談だと紙とペンを用意するのに時間がかかるし、表情までは伝わらないからね。
ROはエモが神だと思った!チャットしながら自分の感情まで伝えられるんだもんなー。

最後に…この一年間を振り返ってみて、本当にたくさんの人に支えられてるなーと感じました。
その感謝の気持ちを込めて…みんな!本当にこの一年間、私を支えてくれてありがとね!!!
私はこのまま身体の動く限り突っ走ります!そして動かなくなったらそのとき考えようかな…とw
そんな行き当たりバッタリな人生が、私らしくていいじゃないw
[PR]

by aka-ring | 2008-11-27 20:23 | 闘病生活

声が出なくなって…

昨日の朝にアンとチャットしてて思ったこと。


声が出なくなって、確かに不便なんだよね。
とっさに自分の意思を伝えたいときに、紙とペンを取り出す…ってのがもどかしい。
文字だけでは、自分の喜怒哀楽まで伝わらないこともあるし。
手話は猛勉強中だけど、やっぱり相手も手話を知ってないと伝わらない。
仕事柄、声が出ないのはやっぱ致命的。作曲活動にも少なからず影響は出てる。

だけど、マイナスなことばかりではなくて
手話を勉強することで、今までできなかった人との意思の疎通ができるということは、すごく素敵なことだと思う。
喜怒哀楽がなかなか伝わらないから、どうやったら伝わるか…とかまじめに考えたことはなかった。
私がどういう表情をしたら、どういう表情が返ってくるか…とかね。
こういうのは演技をする上で、絶対にプラスになることだと思う。


生きていく中で自分に不利益になることは多々あると思うけど
そのマイナスな状況から、いかに自分にプラスになることを見出せるか。
これは非常に大事なことだと思う。


いつも思うのは、

病気になっても失うことばかりではなく、得るものも多い。

ということ。

これについては前にも書いたので一応リンク。
告知から一年


声を取り戻したら、プラスになることだけ残ってるはず。
ガンだって克服したら、私を支えてくれる暖かい人たちとの楽しい生活が
この先、何十年も待ってるじゃないか。


確かに私の5年生存率は15%くらいだと言われてるけど

私はガンなんかに 負 け な い ぜ ?
[PR]

by aka-ring | 2008-02-08 17:49 | リアルネタ

放射線治療

1月末、肺に転移したがんに対抗するために放射線治療が始まりました。
月~金曜日に放射線を照射します。土日は休み。
1週間1セットで5セットくらいの予定です。

日常生活に支障は出ないそうですが、
副作用で免疫力が落ちたり、疲れやすくなったりするそうです。
なので、しばらくは規則正しい生活を余儀なくされるわけですが…
私の精神の安定しない時期と重なってしまったので、逃げ場を求めて夜更かしをしてしまい
風邪をひいてしまいました。
私にこれが風邪の症状なのか、肺がんの症状なのかを見分けることは難しいです。
医者が風邪だと言うのだから風邪なのでしょう。
とにかく今は医者の言うことをよく聞くこと。
なんのための治療かわからなくなる。
少し反省しています。
[PR]

by aka-ring | 2008-02-04 19:09 | 闘病生活

近況の報告

近況の報告です。

身体が動かなく、腕が痺れて使えなくなったことは先日お伝えした通りです。
今は身体は動くように、腕の方も握力は20kgくらいまで回復したので、大晦日の日に退院しました!


これは隠していたことですが…
身体が動かなくなったのと同時期に、声が出なくなりました。
声がかすれる…とかいうのではなく、完全に声が出せなくなったので、会話すらできません。
心因性の失声症だと診断されました。


体が動かなくなって、舞台に立てなくなったのが元々の原因らしいです。
その後はトラウマに苦しめられ、過呼吸の発作を何度も起こし、トドメに彼との別れ。
本当にボロボロでした。
ネットから身を引いたのは精神科医からの指示です。無理だったですけどね…w
失声症の要因もトラウマにすり変わったらしく、私のトラウマは根が深いので治るのに時間がかかる…と言われました。

声が出なくなったことが私の精神に与えたダメージは半端じゃなく大きかったです。
大好きな歌も歌えないし、台詞も言えない。
彼との別れも、私は彼の目の前でタイプしていましたしね。

お見舞いに来てくれる友人がみんな、今までに見たことのないくらい悲しそうな顔をするので、
私って人を悲しませることしかできない存在なのかな…とか、そんなことを考えていました。
こういう考えが私の心の闇を深め、さらなるストレスを生む悪循環。
本当に苦しい毎日でした。

今は…やはり完全に立ち直ってるとは言えないです。
声が出ないので、どう考えても舞台は絶望ですからね。
できないことを考えるよりも、今の自分に何ができるか…とにかく前向きに考えて、なんとか舞台への希望を掴みたいです。
結局、私の未来は私のもの。
どんなルートをたどっても、そこには幸せが待っている。
そう信じて、私は前を向いて歩いていきたいと思います。
今考えていることは、とにかく負けないで、今を繋ぐこと。




もう一つ動きがあったのは…
すべての治療行為を停止してもらうことにました。
放射線治療が数回残っているのみです。
後は、自分の生命力を信じて生きます。
私は奴を抑えるけど私の体も壊す治療よりも、自分の生きる力を信じたかった…と言ったらきれいごとでしょうか。
私は常に「あかり」でありたい。
この件については担当医師と相当の時間をかけて話し合いました。
担当医師は「救えるかもしれない命を失ったら悔いが残る」
と言ってくれましたが…
今の私は、死ぬ気なんてこれっぽっちもありませんよ!
生かされるだけの命なら、先手を打って死に様を探すいい機会だな…って思っています。
生死にかかわらず、こういうことを真剣に考える機会ってあまりありませんからね。


まだまだ隠していることはありますが…
心の整理がついたら、また書こうかと思います。
[PR]

by aka-ring | 2008-01-06 00:28 | リアルネタ

お知らせ

病気の影響なのか、身体が動かなくなりました。
看護師さんの手を借りなければ、身体が起こせません。
もうひとつ…
血の巡りが悪いと痺れることってよくありますよね?
まさにそんな感覚なのですが、左腕の痺れが3日経った今も消えません。
握力も1kg以下まで落ちています。

ヒーローショーの仕事と舞台の予定は全部キャンセルしました。
なので、かなりヘコんでたりします。
ROも片手しか使えないので狩りができず、よくならなければ引退しようかと考えてます。

そして…
明日は軽い手術なので、23日は繋げません。
引退される方、お疲れさまでした!


Gvレポは時間かかりそうですが、いつか公開したい。
[PR]

by aka-ring | 2007-12-21 22:59 | 闘病生活

心の整理がつきました

またまた入院しています。

劇団Dの斡旋で、土日に某遊園地でヒーローショーの仕事なんてやってます。
その仕事が外せないので、土日だけ外出許可をもらっています。
子供たちが私を待ってるもんね!

そして今日、意気込んで仕事に行ったものの、熱はあるし、咳はひどい状態。
ヒーローショー自体はよかったけど、ショーが終わった後の子供向けのイベントで
歌のお姉さんみたいな感じのをやるんだけど、声が出なくてしんどかったわー('-';)
明日も頑張ろう!


さてさて、本題に。
なかなか心の整理がつかなくて、報告できなかったですが…
ようやく、ある程度の心の整理がつきました。
完全に…とはいかないですけどね('-';)
自分では強く振る舞おうと思っても、なかなかそう行かないものです。


先日の検診で、肺に転移している可能性が高い、との結果を受けました。
精密検査の結果、転移が確認できました。
多くはない複数の部位に転移しています。
私は今年に入って2回手術をしており、体力的に厳しいので手術はしない方向です。
主に、放射線による治療になりそうです。
治療法については、担当医師と相当の時間をかけて話し合ってます。
もう、こうも分かり合えないか…ってくらい平行線なんですよね!www
この担当医師とは古くからの友人なので、余計にエキサイトしちゃってる感じです。
具体的には、「抗がん剤を使うか使わないか」
これでエキサイトしちゃってます。
このことはまた後で書きます。

担当医師からは

「転移が見つかったら助からない」

こう告げられていました。
何か悪いところがあったら、包み隠さず、遠慮なく言ってくれ!そう伝えてましたからね。
転移が見つかったということは実質、死の宣告だと受け止めています。
前の記事に出てくる「彼女」というのは、この担当医師です。
普段は冷静な彼女が取り乱してしまうくらい悪いのかと…そう思ってしまいました。
立場上、彼女にはもう少し強くあって欲しいですね。
やはり、患者を不安にしてはいけません。
まぁ、私も人のことは言えませんが…('-';)
今はいつもの彼女に戻ってます。
それにしても…愛子先生はなんでもお見通しですねw

病状についてですが…
治らないのか?と言われたら、今の状態ではそうでもないみたいです。
やはり怖いのは再発だとか転移でして…
発見が送れると、あっという間に手遅れ状態になりかねないのです。
若いと進行も速くて、なおさらですね。
一応、病気の元の子宮の方は(子宮のあった場所は)、大丈夫みたいなので
肺の方が治れば、完治するのかも…と思う反面、
まだ私の体のどこかに、奴が潜んでいるのではないか…という不安に駆られたりもします。
精神的にもちょっと安定しません。
リア王の公演に出演できるかどうか…微妙になってきました。
このことが与える精神的なダメージがかなり大きかったりします。
私は演劇さえできれば元気なのですけどね('-';)
今は、十二夜の公演を成功させるように頑張ります!


今後について。
ROについては、年明けにも引退を視野に入れた休止に入る予定です。
…が、明日から病室にPCを持ち込むので、なんとも言えません!
とはいえ、やりたいことがいっぱいあるので、ROの優先順位は下がるでしょうね。
めちゃめちゃモチベが上がったら分かりませんが…あるとは思えないw
ちなみに、明日のGvは病室から出ますよ!w



告知を受けた次の日に、お母さんから電話がありました。
まるで私の身の危険を察知したのではないか…というタイミングでした。
以下、電話での会話を覚えてる限りで…

母 「もしもし、元気してる?」
私 「うん、まずまずかな…」
母 「正月帰ってくるって言ってたけど、何日に帰ってくるの?」
私 「あー、ちょっと帰れなくなったかも…」
母 「そう、残念。たまには連絡ちょうだいよ」
私 「うん」
母 「あかりの場合は連絡がないことが、いい知らせだと思ってるけどね」
私 「……」
母 「身体は大丈夫?」
私 「……」
母 「何かあったの?」
私 「あ、ううん…なんでもない」
母 「そう、身体には気をつけてね」
私 「……」
母 「じゃあ、またね」
私 「あ…」
母 「ん?」
私 「えーと…正月帰れなかったら、誕生日プレゼント送るね!」(お母さんの誕生日は1月1日

母 「ありがとう。お母さんが欲しいのは、元気なあかりの姿だから、落ち着いたら帰ってきてね」
私 「うん、わかった!じゃあね!」
母 「またね」

言えなかった…
途中から涙をこらえることができなくて、泣いてるのを気づかれないようにするのに必死だった('-';)

そして昨日、いとこが実家から送ってきた、みかんを病室に持ってきてくれました。
その中にお母さんからの手紙があり、ただ一言…

「精一杯生きること。病気に負けるな!」

とだけ書いてありました。
やっぱ、気づかれたのかなぁ…
ともかく、子宮がんを克服したお母さんの言葉は励みになる!
お母さん…ありがとう!私は負けない!

あああ!!
もう、絶対死ねないやん!!
あきらめない!!あきらめない!!
最後まで希望を捨てない!!
もっともっと、もっと生きる!!
負けない!!!
がんには負けない!!!

がんと闘い抜くことを、あらためて、ここに決意いたします。

あの日…
入院初期に、病室から見た星空でみつけた流れ星。
私があの日に送ったSOSは、あの流れ星にきっと届く日が来る…
たまに、そんなことを考えたりしています。
[PR]

by aka-ring | 2007-12-15 23:35 | 闘病生活